2018年07月27日

犬の話

何か月ぶりの投稿か忘れたくらいブログを使ってないですし誰も見ていないと思いますが、元々私の日記帳なので記録として書いておこうと思います。

はっきり言うと今回の内容は我が家の犬が死んだ話なので、そういう話が嫌だなと思う方はここで読むのを終わりにしてください。私も個人的に他のおうちのペットが亡くなった話って積極的には見たり聞いたりしたいと思わないので…。だって悲しいじゃないですか。

まぁそんなわけで個人的な記録としてたった1週間の出来事を書いておこうと思います。


我が家には2匹の犬がいます。まずはシェットランドシープドッグ(シェルティ)です。犬のことに詳しくない人には名犬ラッシーに出て来るコリーの小さいやつというとだいたいの形が想像してもらえるかと。もう1匹はミックスの小型犬。外見は概ねパピヨンです。

今回亡くなったのはシェルティの方で13歳と半年くらいの生涯でした。

これまで特に大きな病気も怪我もなく、ただ年齢的に13歳というと老犬なのでこの1〜2年はちょっと動きがのんびりで寝ている時間が増えたなという感じでした。

それが1週間前に突然ごはんを食べなくなってしまいました。連日35度を超える日が続いていて、人間も辛い外気温。家の中はクーラーで冷えていますが、結構人間だって身体にダメージ受ける感覚はあるので老犬だからバテてしまったのかなと思っていました。

犬はたまにワガママでごはんを食べないこともあるし、1日ごはんを食べないから死ぬというわけではないので少し様子を見ていたんですが、2日経ってもごはんをほとんど食べない。食欲がない時にはドライフードにお肉を混ぜたりするとよく食べるはずなのにお肉も食べない。

食が細くなった老犬には高カロリーで栄養価の高い子犬用のフードをあげると少量で栄養が摂れるので、ちょっとお高いメーカーの子犬用フードと肉を混ぜてもほとんど食べない。さすがにこれはお手上げ。

病院でまず点滴でもしてもらって、体力が回復すればごはんを食べるようになるかも…と思い、病院へ連れて行きました。外は犬が歩けるような気温ではないので、抱きかかえて車で病院へ行ったんですがその時に私はもう普段のこの子ではないことを感じていました。

重い。太ったわけではないのに重い。
抱かれる意志がない…というか、脱力している感じがしました。そこまで弱ってしまったのかと。

でも、それまで普通に動き回っていて今までと何も変わらない様子だったので、この天候の所為でちょっと元気がないだけ、きっとすぐまた良くなると思っていたのですが診察室に入ってすぐ「腹水が溜まっていますね」と言われました。確かに、先生の言う通りおなかがパンパン。なんでこんなになるまで気付かなかったの?という空気すら感じました。

正直、我が家はそんなに犬に人生かけるみたいな愛犬家はいなくて、普通に家で一緒にいる程度の飼い主です。毎日身体をくまなく触って健康チェックなんてこともしていませんし、中型犬なので頻繁に抱っこもしないし、長毛なのでおなか周りは毛で見えません。
でも、私は毎日ではなくてもそれなりに異常がないかの確認をしていて、こんなにおなかが前から膨らんではいなかったと認識しています。なのでおそらく、ほんの数日で状態が悪くなったのだと思います。

エコーで肝臓に腫瘍がある、かなり広範囲で末期ということでした。先生曰く、人間と同じで肝臓は病気があっても症状がなく、痛みもないので本人も家族も気付かないことが多い。気付いた時には手遅れ。そういう臓器だと。

状態的にも年齢的にも治療方法はなく、対症療法としてこんな治療がある。まずすぐにできるのは点滴くらいだけど、それをするにも血液検査をしてどんな成分が必要なのか調べないといけないと言われました。

腫瘍が肝臓に広がって末期、食事を摂れない老犬。

現実的に考えると、その対症療法で何日寿命が伸ばせるか、もしくば伸ばせないか縮めてしまうか。我が家がものすごいお金持ちだったら、ありったけの治療をしてください!と言うかもしれないですが、犬が飼える程度の余裕は一応あるけれど、ごく一般的な経済力の家庭です。そんな家庭の経済状況と犬の状態を考えると、今、治療が必要なのか。どの選択が正しいのか。その場で判断しなければいけませんでした。

その場での選択は「とりあえず血液検査をしてもらって点滴を打つ」になりました。流石に今の状況で「何もしない」を私には選べなかった。せめて、何ができるかを知るために情報が欲しかった。

血液検査の結果は相当悪かったのですが、身体の機能が全てダメというわけではないということだったので、対症療法でそこそこ凌げる可能性があるかも…というものでした。その結果を受けて栄養剤などを打ってもらいひとまず帰宅。それが金曜日で、土日は精密な血液検査ができる機関がお休みなので詳しく調べたい場合は月曜日以降にもう1度来てくださいと言われました。

帰宅してからは少しでも食べたいと思ってもらえるものをあげようと、先生におすすめされたプリンやアイスをあげてみました。普通は犬に御法度な人間の甘味を先生が薦めるくらいの状態ということです…。あとはウェットフードのちょっとお高めなもの(シーザーのパウチなのでそんなに高くないです)を食べて過ごしていました。他のウェットフードは食べなかったんですが、シーザーのビーフはそれでも食べていたので相当美味しいんだろうなと思います。

点滴のおかげか、比較的元気そうな様子だったので、もしかしたら案外細々と生きていくには支障がないのかもしれないよ?という母の楽観的な言葉に「そうかも」と思いながらもこの食事量だと1週間、持って2週間くらいなのでは…と思っていました。口には出しませんでしたが。

その日の夜中(深夜3〜4時頃だったかと)私がトイレに行ったら廊下で寝ていた犬が立ち上がったので「ごめんね起こしちゃった?寝てていいんだよ」と声をかけて用を済ませてまた寝たのですが、翌朝起き上がろうとして後ろ足に力が入らず立ち上がれない犬を目の当たりにしました。つい数時間前には立ち上がっていたのに、脱力してカエルのように開いた後ろ足、前足だけで立ち上がろうとする姿は痛ましくて「そのままでいいよ、起きなくていいからね」と声をかけるしかありませんでした。

それからはごはんもおやつもお水も顔の傍まで運んだり、排泄のお世話が必要になりました。月曜になったら病院に行くかどうしようかと悩んでいましたが、これはもう治療をしても逆に辛い思いをさせることになるだろう。このままお世話しよう。私と母はそう判断しました。対症療法にあたり、半日入院が必要という話もあり、犬が嫌いな犬なので、犬だらけの動物病院に半日も預ける時点で相当なストレスをかけることは目に見えているし、この立ち上がれない状態で治療をしてどこまで回復するのか、というのは大体想像がつきます。

幸い、母は現在仕事もしていなくて自宅にいるのでお世話はできるし、家でやれることはやってあげようと。私はなんとなく、もう数日かもしれないと思い2日間ほど仕事の休みを取りました。

状態は変わらず、食事の量も変わらず、ただ1つ、立てなくなって2日くらいしたら、うんちをした時には鳴いて呼ぶようになりました。もともと元気な時もうんちをしたらけたたましく吠えて呼ぶ子だったのですが(トイレは家でできる子)体調を崩してからはそれもなくなっていたのにまた呼ぶようになった。鳴き方は元気な時よりもか細い声にはなっていましたが、吠える元気が出てくれたのかなと思いました。

いつまで続くかわからない犬の世話のために仕事を休み続けるわけにもいかないので仕事に出かけたのですが、その日の午後、母からの電話を受けました。こんなに早く死んでしまうのなら、もう1日休みを取ったのに。後悔はそれだけです。
ペットにしても人にしても、誰かが亡くなった時は「もっとこうしたかった」などと考えてしまうものですが、我が家では我が家でできることをそれなりにして来れたかなと思います。立派な飼い主ではないと思いますが。

悲しい気持ちはあってもやることはやらなければいけないので、亡骸をどうするかということをすぐに考えなくてはいけませんでした。以前、ペットを飼っている人が「家に火葬できる車を呼んだら、全部その場で済ませてくれて良かった」と聞いていたので、それにするか市営の火葬場に持って行くか。残念なことに私と母は車の運転ができず、父も仕事で予定が合わず、こちらから持って行くのは難しいと判断し、来てもらうことに。

ネットで調べた何カ所かの中から対応が良さそうなところにお願いしました。こういう話なので「ここがおすすめですよ!」とリンクを貼るのもアレですから控えますが、とても親切で丁寧に対応していただけたのでありがたかったです。

電話をすると、中年よりちょっと上かなというおだやかな男性の声でした。
利用が初めてと言うと、どのプランを希望か、そのプランでその犬の大きさだとどれだけの費用がかかるかを丁寧に説明されたので、ぼったくりの変な業者ではなさそうと判断し、安心してお願いできました。翌日来てもらう予約をし、その日は犬の保冷。人間と同じですね。
保冷材を買いにホームセンターへ行ったら、連日の暑さの所為かほとんど在庫がなくちょっと苦労しました。

さて、ここから結構リアルでちょっとエグめ(という表現で合ってるのか?)な話になります。

約束の時間に車が来ました。煙やにおいは出ないとなっていますが、小動物が燃やせる車です。車体上部に排気口のような箇所。我が家玄関口が若干道路より高い場所にあるのでそれが目に入りましたが、道路の高さから見たらなんだかわからない程度かなと思います。
そんな車が到着し、最後のお別れです。

来てくださった方が家で入れて置いたダンボールから犬を抱きかかえて専用の台に移してくれました。その時ちょっと口から汁が…。そうだよね…そういうものだよね…生きてない生き物だったものって…というのをリアルに感じました。
犬が死んだ直後もちょっと上と下から若干アレな感じだったと母に聞いてはいますが、私が仕事から帰る前にきれいにしてくれていたので想像でしかなかったんですが…。母さん、大変なことさせてごめんね。本当はそういうの見込んで休み取ったんだけど1日足りなかった…。

まぁでもそんな大惨事みたいなことではなく、ちょっとのことで、そのまま準備を進めました。と言っても用意されていたお線香をあげて、買っておいたお花を添えて…。この辺は頼んだ業者さんによって違うと思います。そして「このスイッチを入れると点火されます」というスイッチを入れるよう言われました。これは…我々がやらなければいけないことなのだろうか…とは思うのですが、もしかしたら「この人が火をつけたからうちの子が死んだ!」みたいな変な人に文句言われないための対策だったりするのかもしれないし、最期は飼い主の手で送ってあげてという意味なのかわかりませんが、これは母さんにやらせてはいけないことだと思ったので私が。

母さんは弱い人ではないのですが、親や友人をすでに亡くしているのでその辺のメンタルは弱めです。それに対して私の方が物事をかなりドライに考えられるタイプなので、私はこのスイッチを押してもそれほどダメージはないと思っての判断でした。実はその場に弟もいたのですが、弟は犬の世話も大してしないし、体調が悪くなった後も何もしない薄情者なので、弟にやらせるという選択肢はありませんでした。

点火からおよそ1時間。骨を拾います。
小さな台に取り出された骨が。人間のお葬式に行ったことがあればわかると思いますが、それが犬の形状というだけです。どのくらい作法が必要なのかわかりませんでしたが、一応大きめの骨を2人で箸で挟んで骨壺へ。

ちょっとショックを受けたのが出てきたままの段階で内臓のあたりに茶色い燃えカスがあったことです。その部分は最初に別の容器へ取り除かれていたので。身体の一部ではないということは想像がついたので、あえて私は聞かなかったのですが、母さんが「それはなんですか」と質問したら「悪いところだったんだと思います」とのお返事。正常な臓器は燃えるけど、正常でない臓器は何かが残るんですね…。そういえばおじいちゃんにも何かあったな…ということをぼんやり思い出しました。ぼんやり。
頭部の近くにも小さいもやもやが残っていてそれも取り除かれていたのですが、右耳になかなか治らない炎症を抱えていたので多分それはそこだったんだろうと思います。

人間と同じように骨壺の一番上には頭蓋骨と上下の顎。顎には歯がついている様子がわかりました。それを収めてきれいな袋に入れられて、作業は終了です。来てくださった方が穏やかで丁寧で、とても安心してお任せできました。

家の前で全てが終えられるのはとても助かることなんですが、いくら見た目ではわからないようになっているとはいえタイミングによってはご近所さんに焼けたあとを見せることになってしまったり…というリスクはあるので、こういう方法は周辺環境によっては難しいかなと思いました。車内で焼くけど骨を収めるのは路上に台を置いてやるし、囲いを作るわけでもないので通行人には見えてしまうんです。
幸い我が家の周辺は住宅街ですがそんなに人通りもなく、向かいの家も人が住んでいないので隣近所の人に見られることはありませんでしたが、数名通行人はいたので、妙なものを見せてしまったかも…と思います。まぁこんなことしてるって通りすがりで気付けるのは経験ある人くらいだと思うので、何やってるかはあまりわからないと思いますが。

あと、お天気悪いと無理ですね。今日は天気は良かったんですが明日から台風ということでちょっと風が出てきていて、ギリギリ大丈夫ではあったんですけどこれ以上風が強いと灰も骨も吹っ飛びます…。無理です。
まぁ一旦引き取ってもらって後日骨を返してもらうのが一般家庭では無難かなと思いました。私はそういうサービスで、どこの何だかわからない骨を返されていたというニュースを聞いたことがあった気がしたので、目の前でやってもらわないと心配!と言ってその場でお願いしたんですが、この業者さんだったらまぁ大丈夫だっただろうと思います。結果論ですが。
そもそも骨を返してもらってどうするのかって議論もあったんですが、頼むと決めた業者さんが立ち合い+返骨プランしかなかったので、流れで受け取りました。どこに納めておこう…。

という感じで、「様子がおかしい」と気付いてから丁度1週間の出来事でした。

もっとちゃんとした飼い主なら早く気付けたのでは?とお叱りを受けるのかもしれないですが、上に書いた耳の炎症の件で半年前くらいから被弾よりは病院に行っていて、血液検査もしたり、今年の5月下旬頃にも病院に行っていて異常の指摘もなかったので難しかったと思います。もっとお金をかけて半年に1回精密な健康診断でもしていれば違ったかもしれないですが、そこまでできる一般家庭はあまりないかなと思います。

うちの家族はこういうことに向き合えるのが私と母しかいなくて、弟や父は感情が薄く知識もないので、どうすればいいのか困っていたんですが、火葬のお願いをした業者さんが本当に優しくて助かりました。そういう感覚の方だから、こういう仕事ができるんだと思いますが…。
あと、変な話ですが来てくれた方がおじいさんと言うほどお年には見えないんですが、落ち着いた雰囲気でスタイルも良くて声も良くて、まるで俳優さんのような容姿だったんです。アニメに出て来る理想の執事さんのような雰囲気だったので、まるでドラマのワンシーンを撮影しているかのようでした。やってることもあまり現実味がないというか…現実と思いたくないような…。

良いか悪いかはわかりませんが、貴重な体験をさせてもらいました。ペットを飼うっていうのは、こういうことも含めて飼う覚悟を決めなければいけないとわかってはいましたが、小さい頃に我が家に来て、我が家で育って、我が家から贈り出す。
可愛いとか癒しとか色んな理由でペットを飼う人がいると思いますが、私は人間が何かを学ばせてもらうために、動物の家族を迎える意味があるのかなと思います。
posted by れれ at 18:52 | Comment(0) | わんこ

2018年04月22日

近況

どうも大変ご無沙汰しております。

数年前にPCを買い替えた時にサイトを弄る術を失い、HPは放置状態。
趣味に関する文章も絵も時代の流れとともにピクシブやツイッターへと移行し、さすがに誰も見なくなったブログを日々更新するのも不毛か…と近年ほとんど使っていませんでしたが、個人的にはツイッターで短い言葉をいくつも呟くのは便利であり不便であり。

ツイートする分には便利なんですが、深い内容になると文字数が足りず、規定文字数で簡潔に述べると誤解を招く内容になりかねないのが不便です。
実際、ツイート内容を私の意図と違う解釈をされて怒らせてしまった(私からすると勝手に相手が怒ったわけですが)こともありますし、私の知らないところで勘違いされている話もきっとたくさんあるんでしょう。

そんなこんなで時代の流れに乗りつつも、私の漫画やアニメにハマるペースは昔と変わらずのんびりでひたすらジャンプで面白い新連載を待つ日々を送ったいたわけですが、昨年6月には突然キンプラからキンプリにハマり、テニス、黒バスに加えてジャンプ以外のジャンルでの活動も始めたという、長い同人人生で大きな転換期を迎えたなぁと思っています。

初めて作った同人誌はWeiβなのでジャンプじゃないんですが、その後は封神、NARUTO、マンキン、テニス、黒バスとジャンプに生かされてオタク人生を歩んできたわけです。
アニメやゲームも好きなので、遊ぶだけ見るだけなら色々やってますが、同人誌として描くのはジャンプばかりでした。

基本的にいわゆるやおいが好きな現代の言葉で表すところの腐女子なので、乙女ゲーもまぁしますけど、私がキャラに恋するよりキャラとキャラに恋させるのが好きなので、キャラが私を認識しないジャンルが至高なんですね。ジャンプ作品に私(読者やプレイヤー)は登場しませんから。

そんな私が、何故か突然乙女ゲーとまではいかないけれど、女性向けとして作られたゲームのキャラにほんの1か月で沼落ちし、本体を買ってしまった…。



いや、この子が可愛くて…。
去年の冬コミ企業ブースでゲーム紹介冊子が配布されていて、マーベラスがものすごく気合入れた冊子配るくらいだから、確実にヒットさせる手を打ってくるんだろうな程度にしか思っていなかったしこの手の女性向けソシャゲにハマることもないと思っていたんですが、何故かわからないけど可愛くて可愛くて仕方なくなり、何気なく歴史的なことを調べようと検索したらアマゾンで本体(レプリカ)が売ってる…ということに気付いてしまったのです。

昔からオタク界隈(主に男性)ではそこそこ有名で、刀剣ブームで更に知名度が高くなったと思われる秋葉原の某武器屋さん(http://busou.sakura.ne.jp/)にも売っているようなので、ちょっと見に行ったんですよ。
7割くらい買う気はあったんですけど、値段も決して安いわけでもないし、何より大きい。
一応アマゾンの商品説明では143cmと書いてあったのでそのくらいなんだと思いますが私の身長と大差ない銃のレプリカを買って帰る…ハードルが高い。

まぁ買う前に色々あったんですけど、お店に行って重さを確認(手持ちで帰れるか)させてもらうために手に取らせてもらったらレプリカでも結構な重さ。帰宅して計量したら3kg程ありました。
でもこれ、手に持ったら「この重みが推しの存在感…」とかわけのわからない気持ちが沸きました。

お店の人は特に何か聞く前から銃の歴史から扱い方からものすごい詳しい情報をお話してくださって(まだ基礎知識がロクにないのでお話の半分も覚えられなかったのが悔やまれる)一通り話を聞き終えて「私の他に女性が買いに来ていますか?」と聞いてみたら、いるけど、一般の方より業者の方が…という感じだったので、公式がPV(声優さんの出てる方)とかに使うのに買って行った段階かなという印象でした。
流石にまだそんなに殺到してないよね!

お店の人には全てお見通しで、何の何とは何も言わなくてもそれっぽい話まで説明してくださってレプリカがあるだけ良いですよ、ないのもたくさんありますから。銃の種類はまだまだありますからもっと(キャラが)増えると思いますよ。あれはかなりマニアックです、ロマノフとか。とても良く調べられてる。自分(武器屋のプロ)が知らないこともたくさんあった。などなど。

そして念のため何とは言わず「あれはコレで良いんですよね?」と聞いてみたところ、現時点で存在してるレプリカで一番近いのはそれです。あとは元々猟師さんお手製の銃なので個体差があるものですから。ということで、商品確認も済んだところで…

「あとはお好きなように星条旗のステッカーでも貼っていただければ!」

は…はい。

というわけで、突然店に駆け込んだ謎の女にたくさんの情報を与えてくださって、その間ずーっとこれ抱えてたらもう連れて帰ろうって思わないわけないじゃないですか。

DbXlPh6VMAAZDMg.jpg_large

連れて帰った子です。

約150cmの女が約140cmの箱を抱えて帰りました。
お店が狭い階段の上にあるので「まずはその階段を降りるところからですよ」とお店の方に見送られました。

何だか自分でもよくわからないんですけどね、刀剣で刀を買った人もこんな感じだったんですかね。
ちなみに武器屋さんで銃買ってる時に有名な刀のペーパーナイフを買っていくお嬢さんがいました。
会計中だったのでよく覚えてないですが、薬研とあと1〜2種類買っていったようで。カップリングだろうか。

この子の何が可愛いってまず見た目が一番好みだったので気にかけていたら、元気でやんちゃで、でも素直で一生懸命で可愛かったんですよ。私って元気で個性強い子、自分の信念強く持ってる子とかにハマるのでわりと普通の流れですね。最近のWエースやコウジが結構異色なんですよ。だから、元々私が好きだったキャラに戻ってきたって感じがします。

あと、何年か前にマミさん(まどマギ)のマスケット銃のレプリカが発売した時にちょっと買おうかと思ってた程度にはあの形状の銃のフォルムが好きなので、1挺くらい持っててもいいんじゃない?という趣味を総合した結果なのかなと。

魔法少女のステッキをたくさん買ってきたけど、古銃のレプリカ買う日が来るとはなぁ。
長いことオタクやってると何が起こるかわからないですね。

ちなみに武器屋さんのHP遡ったらゲームリリース時から全て把握されていたようで。
流石は武器のプロ!あと提督としてすごかった!
posted by れれ at 21:50 | Comment(0) | 日常

2017年09月03日

キンプラ4DX体験

5年くらい黒バスでのんびり公式の手厚い支援を受けて生きていた私ですが
何故か突然キンプリにどハマりし、5月までは黒バスに、6月からはキンプラのために
映画館に通う日々が続いているので、4DXの感想を書いておこうと思います。
主に座席による違いと劇場の違いを。

どこでどの効果とかのネタバレ含みますので、まだ体験していない方は
まずは何も知らずに体で体験してから読んでください。

キンプリについては昨年2月頃「キンプリはいいぞ」のフレーズが流行っていた時期に
あまりに気になるので見ていました。
プリリズについては女児アニメ好きなんだから見ていたと思われるかもしれませんが
基本的に実写パート含むものや現代的なアイドル系より魔法少女系を好むので
最近ではプリキュアのみ視聴していたので、アニメの存在くらいしか知りませんでした。

キンプリは確かに面白く、今までにないアニメの在り方だなと感激しましたが
特に誰が好きとかそういうのはなくてオバレはかっこいいし新入生たちは可愛いよね
くらいな感覚でした。

キンプリ4DXも体験しています。
私は遊園地のアトラクションがはっきり言って苦手なので(酔うとか肉体的な
問題ではなく、ガタガタ動く乗り物の何が楽しいのか理解できないので乗る価値を感じない)
楽しめるかわからなかったのですが、言っても映画館のイスなので、激しい動きは
しないだろうし、まぁ大丈夫だろうと思っていました。

キンプリも冒頭のオバレのアスコアからそれなりの動きをしてくれたので
これ1時間耐えられるかな…とこの手のアトラクションに乗り慣れていない私は
ちょっと不安になったのですが、次第に「わーい!たーのしー!」という気分に。

通常上映で4DXを体験した直後、15分後くらいに応援上映の4DXが始まるスケジュールで
席もまだ空いていたので即座に次の回のチケットを買って2連続を決めたほどでした。

そんな感じでキンプリと出会ったのですが、グッズを集めるとか同人誌を買うとか
そういうハマり方はしておらず、楽しいアニメだね〜くらいな感覚でした。

そしてキンプラを迎えます。
丁度キンプラ開始前に黒バスのために映画館通いをしており、上映前に予告が
流れるわけです。そこで「修羅場返し!!!」「けぇあえりうちにしてやるわ〜〜〜!」
というタイガとアレクのセリフで噴き出し、前作を超える勢いで来たな…と思いました。
それでも初日は混むだろうし、特に特典集めたいとか物販欲しいとかないし、空いてそうな
時に行こうくらいな感覚でした。

その後、上映直前に何故か見たい気持ちが高まってしまい、桜木町の映画館で
0時の最速上映+プリリズボーイズ回のおさらい+前作キンプリ上映というのがあり
チケットもまだ売っている…終電では帰れないから野宿かな…と考えていたら
父親が車で迎えに来てくれると言ってくれたのでありがたく甘えることに。

キンプリでもオバレに何があったのかは気になっていたので公式が掻い摘んで
大事な話見せてくれるならラッキーだよね〜。自分で登場回探す手間省けるし!
と思って軽い気持ちで見に行ったらりんねちゃんが可愛くてすっかりプリリズに
ハマって帰ってきました。

劇場では最速上映では物販なし、パンフのみ上映後に販売ということで
別にファンじゃないから…と見る前は買う気がなかったパンフを普通に買っていました。
そして毎週通うわけですが。

本編の感想はまぁ置いといて(とにかく70分ですが5時間の長編映画であります)
4DXの話を。

4DXはキンプリ、ゴジラで体験しました。キンプラで3作目ですね。

ストーリー前半はそこまで激しいことはないのですが、要所要所で
良い効果やびっくりする効果もあって飽きさせないですね。
ユウくんにシュッシュされたり。

あと水。山田さんが風呂に飛び込んだ時の水は「みんなが入ってる風呂の
水しぶきがかかるとかご褒美…」って気持ちになりますね。

誰もが予想はしていたと思いますが、ストリート系のショーがもう…。
このイス、こんなに動けるのか!?というレベルで動いて、イスから落ちるかと思いました。
シートベルトなくていいの!?安全バーは!?

あと、個人的に最後の「アイアムキングオブプリズム!」の動きが好きですね。
カメラワークに合わせて最後にグっと上に上がって、タイトルロゴで正面に戻る。
画面だけでもかっこいいのに自分の視点の変化が加わるとよりかっこいいです。

で、座席や劇場による違いを個人的な感覚ですが書いておきます。

行った劇場はみなとみらいイオンシネマ(キンプリファンに優しいフレンドリー劇場)
と、お台場のユナイテッドシネマ。

初回、みなとみらいの中央あたりで鑑賞。
前作でもそうだったんですが、基本的に後方座席で見ると前方のバブルや
シャボン玉、左右のフラッシュなどの効果が全て視覚的に見えます。
前方ではシャボン玉やバブルが自分にも降りかかるのでプリズムの煌めきに
包まれている感覚になれます。フラッシュは感じにくいです。
前と後ろ両方で見てみるのオススメです。

みなとみらいでは最前キめてやるぜ!と思って4DX初の最前列中央を選んだんですが
最前列はすごい…。水が。
2列目以降は水の噴射口が前の座席についているんですが、最前列は座席がないので
効果を出す専用のバーが設置されています。水を噴射するためだけに設置されている
バーというわけですね。そのせいか、2列目以降の座席より絶対水の量が多い。
初回中央部分で見た時は顔を拭くほどではなかったんですが、最前列では
水が出るたびに顔を拭いていました。シャボン玉と泡も普通に自分に降ってきます。

3回目は動きが激しいらしいと噂に聞くお台場のユナイテッドシネマに行ってきました。
場所は最前列中央で。

みなとみらいとのイスの動きの差はそれほどないと思いましたが
若干可動域が大きいかな?くらいでした。でも気のせい程度。
それよりも差があったのは泡。

これはみなとみらいとの差というより座席の配置によるものかもしれないですが
お台場の最前列って1列だけすごく前に設置されているんですね。
(この辺は公式の座席表見てください)
2列目以降が1つの塊です。
なので、シャボン玉とバブルがみなとみらいでは席より少し前方から出る感じですが
お台場の一列目はほぼ座席と同じくらいの位置から降ってきます。
そして量が。シャボン玉は同じくらいに感じたんですが、泡がすごい。
みなとみらいでは左右から出て、それが空気の動きで真ん中にも降ってるんですが
お台場は出る位置こそ左右からですが、量と噴射の勢いが強いし泡の塊が大きい
気がしました。

みなとみらいの最前ではそこまで「積もる」という感じではなかったんですけど
お台場は床にも前のバーにも私にも泡の塊が積もる。画面も猛吹雪みたいでした。
これは上に書いたように座席による違いなのかもしれないです。
量は同じだけど、みなとみらいより前に1列目があるからダイレクトに頭上に
降ってきて、多いように感じるのかも。

あとフラッシュが強めな感じでした。
みなとみらいだとサイドが光るだけなので、前方の座席だと後方で光った感覚はあるけど
そんなに視界が明るくなるほどではないんですが、お台場は最前列でも周りが
確実に明るくなるので世界が煌めいている感じが強いですね。

そして肝心な匂い。
火薬の匂いがすると公式発表がありましたが…。
みなとみらいでは火薬…というよりもスパイシーなカレーの香りに感じました。
2回ともカレーっぽいと感じたので、カレーのシーンでできそうなカレーの香りを
出さなかったのは火薬っぽい匂いがこれしかなくて、カレーシーンより
火薬としてバトルに使う方向になったのかな?と思いました。

それがですね、お台場ではカレーじゃなくてちょっと甘めのキャラメルプレッツェル
かなって香りだったんですよ。標準で甘めの香りあるんですが(爽やかなシーンとかに
使われてるやつ)それと違って香ばしい甘い香り。キャラメルポップコーンより
ちょっと香ばしく焼けたプレッツェルな感じがしました。

劇場により香りが違うとは思えないんですが…でも違う感じがしたんですよね。
左右の人は特にポップコーン食べたりしていなかったので、売店のポップコーンの
香りというわけでもないと思います。それまでしてなかったですし。
映画終わったあとも「ポップコーン!甘い匂い」とか言ってる声が聞こえたので
おそらく間違ってないかと。
みなとみらいの方も友人に聞いてみたところ「スパイシー系」と言っていたので
スパイシーとキャラメルは明らかに違うかと。

という感じで差は多少あったように感じますが、どっちの方が楽しいとかって
ほどの差ではないので好きな劇場に行けばいいんじゃないかなと思います。

ちょっと気になったのが足元のエアー。
私の記憶ではっきり覚えているのは仁さんの若かりし頃のシーンとヒロが
ショーの前に廊下を歩いているシーン(ルヰとすれ違うところ)で足元に
バシュバシュ風が出てたと思うんですが、お台場では何も感じず。
でも後ろの座席がザワついてたので、他の席では普通にエアー出てたんだと思います。
ちなみにお台場(9月2日)は初見の人が結構いたようで、冒頭のヒロの解説の時は
4DXの効果が出るごとにザワついてました。

気になったので故障してる席とかあります?って劇場の方に聞いてみたんですが
故障はないとのことだったので、私の足の感覚が麻痺していたということにします。
素足にサンダルだったので感じないってことはないと思うんですが。
アレ結構驚くくらい突然風がバシュバシュしますよね。
故障してたところで別に返金求めるとかしないのでどうでもいいと言えば
いいんですが…。でも次に座る人に効果が足りないの勿体ないなと思ったので。

そんな感じで座る場所や劇場による違いも楽しみつつ、また行こうと思います!

一般的な映画は恋愛系だったりアクションだったりと傾向が1つだと思うので
恋愛に激しい動きはないし(そもそも恋愛映画で4DXはやらないだろうけど)
アクションではあんまりシャボン玉飛んだりしないと思うんですが
キンプリはシャボン玉もバブルも香りも激しいイスの動きも風も衝撃も
バイブの振動もミスト噴射も雨も強風も何もかもが出て来るので、これほど
4DXの機能を1作(しかもたった70分)網羅できる映画は今後出て来ないんじゃ
ないかと思います。なのでキンプリがそんなに好きでなくても、4DXを体験して
みたい人にすごくおすすめできる作品だなと思いました。

あ、今後こんな映画ないと書きましたが、テニプリの劇場版新作が控えているので、
おそらく内容的に4DXも検討されていると予想しています。
テニスなら激しいバトルと煌めいた世界の両立ができる気がするので期待しています。
(テニスとは…)
posted by れれ at 23:03 | Comment(0) | 日常

2017年06月27日

11位の日

先週の土曜日、てんびん座11位だったらしいんですよ。
黒ステの高尾くんのツイートによると。
本当に面白いほど災難だったのでラッキーアイテム欲しくなりました。

数日前に母さんをキンプラに誘って映画のチケットを予約したんですが、
当日朝「何時ごろ家出る?」と聞いたらゲームの時間制限イベントやるから
14時まで動けないとか言い始めたので、出かける約束してたのにゲームを
優先するのかと苦言を呈したら「間に合うんだからいいでしょ」とか
その他色々と不愉快なこと言ってきたので「行きたくないなら行かなければ
いでしょ?なんで行くって言ったの?」と思わず言ってしまったら
「じゃあ行かない」という結末になりまして…。

ちょっと最近の母は言ってることがおかしかったりするので更年期か
うつ病の初期か何かなのかなと心配はしてるんですが、約束したことを
守れないレベルになってしまったようで。

まぁそれはいつものことなので、仕方がないから私だけで映画に行くことに。
下駄箱から去年も履いていたサンダルを今年初めて出して履いたのですが
これがまた問題でした。

地元駅に行く途中、違和感を感じて足を見ると、どうやら右足の
ストラップが靴底の部分から抜けている。劣化してたんでしょう。
まだ家に戻れる距離ではあるけど、暑いし急いで往復すると
汗だくになるし最悪映画に間に合わない可能性がある。
ストラップはまだ靴には片側がついているし、歩けないほどではないから
このまま映画館まで行こう。歩き回る予定はないから行って帰るくらいは
できるだろう。そう思って電車に乗ってしまいました。

途中、乗り換えの駅でなんと左足にも違和感が。
同じ場所が壊れている。まさかそんな…。

左右ともにストラップの同じ場所が靴底から抜けている。
歩けないことはない。でもこれだけ劣化しているならさらに
ボロボロと壊れていく可能性がある。
足先を支える部分に今のところ異常はないけれど、帰るまで無事とも限らない。

これは最早中破ではない、大破だ。
大破進軍、すなわち…

_人人人人人人_
>   轟 沈  <
 ̄ ^Y^Y^Y^Y^Y^  ̄

幸いにも行き先は川崎なので店はある。
川崎を裸足で歩く羽目にならないよう、映画の前に靴を買おう。
乗り換えがスムーズだったので時間は30分くらい余裕がある。
でもあまりで川崎買い物をしないので靴屋の場所を知らない。

移動中の電車で川崎の靴屋を検索したけど、商店街の方の店がひっかかって
そんなところまでは行けないし、アゼリアの靴屋はメンズやレディースの扱い
値段の見当がつかない店ばかり。
とりあえず履くだけの靴にあまり高いの買いたくもないし。
ということで、手ごろな靴が売っていそうなABCマートのあるラゾーナへ。

土曜日のラゾーナなんて人多すぎで地獄だけど行くしかない。
案の定広場でコンサートやってて人混み。

暑い上に変な汗出て顔がドロドロだったので、このまま靴屋に
行くのも精神的に辛いと思ってちょっと顔の確認をしようと
ポーチのファスナーを引っ張ったらファスナーについていた
スライダーのリボンがちぎれた。
ここでポーチまで壊れるとは。

なんとか靴屋に辿り着き、適当なサンダルを購入。
可愛いお姉さんにこれくださいって言ったら「展示品限りですがいいですか?」
と聞かれたけど、そんなことにこだわってる余裕はないので
「いいです!それで!すぐ履きたいんですけど」とお願いしたら
すぐに試着用のイスに案内してくれて用意してくれました。
女神だ。

履いていた靴は袋に入れますか?と聞いてくれたので、できれば処分してほしい。
壊れたのでと伝えたら、なんと不要な靴を回収すると5%オフになると。
ありがたくも壊れた靴を処分してもらった上、5%値引きしてもらって
可愛い店員さんにほんのり癒されて映画館へ向かうことができました。

もうこれで怖いことなんて何もない。
そう思っていました。

席に着くと、隣は若い男の子。大学生くらいだろうか。
先日来た時も隣が男性だった。男性客も多いんだな。
そう思いながら始まるのを待っていた。

映画が始まったと思ったら、揺れる。
何故か隣の男性はもぞもぞと身じろぎしたり前後に揺れている。
何故?何故なんだ!!

終始グラグラと私の座席まで揺さぶられ、なんだこの微弱な4DXは!
と若干イラつきながら映画を見ていた。辛い。
そう思っていた。

が、エンディングからアンコールを迎えて劇場が明るくなった頃には
全てがどうでも良くなって晴れやかな気持ちで家に帰りました。

プリズムの煌めきってすごい。
posted by れれ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2017年06月11日

キンプラ

昨年のキンプリはいいぞ!の話題から興味を持ってキンプリを見て
プリズムの煌めきを浴びて幸福になり、とはいってもグッズ収集するとかの
熱心なファンではなく、楽しいね!って気持ちでキンプリが好きなんですが
新作映画が早く見たくて深夜の最速上映に行きました。

早く見たいっていうのと、その前のおさらい上映でプリリズのオバレ回と
キンプリがまとめて見られるのはめんどくさがりでどの回見ればいいか
調べるの面倒な私にちょうどいいと思ってむしろプリリズ目当てくらいな
気持ちで見に行ってしまったんですが、りんねちゃんが可愛くて
プリリズにハマって帰ってきました…。

りんねちゃんの「gift」聞いてください。
できればりんねちゃんのプリズムショー見て!

あとジュネさん。聖さんの横にいる彼女的な女の人のことを普通に
聖さんの大切な人なんだろうなくらいの感覚でしか見てなかったんですが
滅茶苦茶アニメ本編で重要な役どころで色々調べてしまって、それにより
プリズムの煌めきについて深く考えることができました。

そしてキンプラなんですが、とにかく見て!!それだけ!!
もう尻からはちみつが出るとかそんなレベルではないから!
簡単に説明すると「求めていたものが全部詰まっている5時間の映画」です。
posted by れれ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

秋田旅行2日目

2日目です。
目的の舞台挨拶上映は10時10分開始なので早めに着きたいと思い
秋田駅を8時頃出発のバスに乗ることに。

なので早く起きてホテルの朝食バイキングへ。
普段はあまり利用しないんですが、朝食込のプランだったので
まぁせっかくだし…と思って行ってみたらなんと豪華!

メニューが豊富。でも味は微妙なのかな…と思ったらそんなことはなく
とても美味しい。一般的な卵料理から重めハンバーグや秋田ならではの
食材を使った料理もあったりして選ぶのに悩む!

秋田で採れたこごみ(山菜)の天ぷらもサクサクに揚がってて美味しい。
とんぶりとろろもあるし、きんぴらとかサラダも野菜の種類がいっぱい!
スクランブルエッグがクリーミーでとろとろでお菓子みたいですっごい美味しい!
ヨーグルトもよくあるバイキングだと大きなボウルに業務用のが入ってる
感じだけど、牧場の朝(よく見かける3連カップヨーグルト)が山積み。
え…これも好きに食べていいの?すごい。
ごはんは多分あきたこまちの炊き込みご飯でした。ごはんも美味しい。

DSC_1248.JPG

とりあえず一通り好きなものを食べて、もうちょっと食べたいかな〜と思って
私の見間違いでなければ「アイスバイキング」って書かれた冷凍ケースが
あったんだけど本気か?と確認しに行ってみたら本当に好きに食べてって
アイスが置かれていました。業務用の大きいケースのがバニラとチョコ。
誰も朝からアイスなんて食べないのか、食堂にはたくさん人がいたけど
手つかずだったのでなんだか申し訳ない気もしたけどバニラもチョコも
食べてしまった…。山盛り。ついでにさっき見逃してたいぶりがっこも
もらってきて、更にアイスおかわりした。

DSC_1250.JPG

うっかり予定より朝食に時間をかけてしまい、アイスもうちょっと食べたいけど
時間ない!と名残惜しい気持ちで急いでホテルを出て駅へ。
ホテルの側を通る周遊バスは朝早い時間は運行がなかったので徒歩で。
タクシーに乗りたいような乗るほどの距離でもないようなという状態だったけど
お天気良くて気持ちいいし街を観光という気持ちで駅まで歩いて行ったら
途中の千秋公園の桜がとってもきれいでした。

DSC_1253.JPG

駅で荷物をコインロッカーに預けて大急ぎでバス停へ。
こんな急ぎで移動する予定ではなかったけど本当に朝ごはんのんびりしすぎた。
無事にイオン行きのバスに乗って出発。
意外と人が乗ってました。もっと空いてるかと思ってた。

バスが進むにつれ、空港から来る時に見たような建物があまりない場所に
突入したり、閑静な住宅街を走ったりして数十分バスに揺られイオン到着。
9時前に着いてしまったのでイオンはやってなさそうだったんですが映画館の
入り口を覗いたら入れそうだったので館内で待機。
映画館の内装は地元と同じイオン系のシネコンで安心しました。
どんなものを想定してたんだよ…ということは聞かないでください。

物販コーナーには売れてなかったのか、今日のために再入荷したのか
都内とかではすでに完売してるグッズがそこそこありました。
紫原多めだったのでたぶん今日のために仕入れたんだと思う。思いたい。

うろうろしてたら劇場に来ていた地元の女の子が「キャラポップが
今日からなんだよね」「え?なに?」「こういう企画(キャラポの説明)で今回は
秋田が選ばれたみたい」「え!?マジで?秋田になんか絶対来ないよねこういうの!
秋田頑張ってる!」って感動してて、秋田のオタクは大変なんだなって思いました。

1時間も暇だな〜と思ってたら映画館からイオンへの道が開いてて
どうやら映画館に隣接した棟は9時から開店のようで(別の棟は10時らしい)
イオンを散策。この棟にキャラポップ入ってるのかな?と探してみたら
ありました。でも通路の特設コーナーに設置されてて、準備中で開店は
10時からとのこと。
スタッフさんがディスプレイを飾り付けてて、紫原と氷室をメインに
並べていてくれるのが本当にありがたいなと。

ディスプレイの写真は後で撮ろうと思っていたらアツシのクッションが
即完売してしまって、この写真撮った時にはディスプレイからなくなってしまいました…。
確か公式さんかキャラポの公式さんがツイッターに上げてたので
初期状態はそっちで見てください。

DSC_1257.JPG

DSC_1270.JPG

DSC_1267.JPG

今並んでおけば速攻で買い物して映画間に合いそうと思ったので
行くところもないし並んでおきました。
開店してアキバで買えなかった室ちんのアクリルスタンドを買ってすぐに映画館へ。

舞台挨拶のレポなんかは他の人がたくさん上げてるのでここでは割愛します。
円盤に収録もされるし。まぁ大体下ネタです。

映画終わったあとにやることないのでもう1度キャラポップに行ってみたら
アツシと室ちんのポップに鈴くんときーやんのサインが!!嬉しい!!

DSC_1273_.jpg

せっかくここまで来たしと思って、館内周回ゲームを申し込んで
イオンをめぐることに。青峰くんと桜井くんのパネルが見つからなくて
苦労しました。みんな同じフロアにいるんじゃないのね…。
あとで気付いたんですが黒子っちと火神くんのパネル撮り逃してて
受付の方も気付かずに景品くれたんですけど、まぁアキバで撮った黒子火神は
いるので良しとしてもらってもいいのかなと思いました。

その頃にはレジが大行列で100人以上並んでるのでは?という人数が
キャラポップに。そりゃ地元の人とか、各地から集まったファンが
そこに来てるわけで、中には地元にキャラポップ来てない人もいるでしょうから
そうなりますよね。そこでパネルの撮影とかしてたら通りかかった一般の方が
オタクに冷たい発言をしてて、本当に秋田(というか地方)でオタクを
やるのって大変なんだなって思いました。
痛バなんて持って家を出入りしてたらとんでもないんだろう。
痛バ率は都内のイベントとかに比べると少なくて、おそらく痛バ持ってる人は
ほとんど遠征組なのかな?と思います。

そのあとはやることが特にないので市内まで戻ることに。
のんびりと景色を眺めながら、秋田駅の少し手前、千秋公園の
バス停で降りて公演へ遊びに行きました。

土日がさくら祭的な日だったようで、天気は良く、桜も満開
最高のお花見日和でした。入口で念願のババヘラアイスを買いました。
そんなにきれいな出来ではないかな…と思ったんですが、まぁそれも
ご愛嬌ですかね。味は昔のシャーベットな味でした。素朴で美味しい。安いし。

DSC_1286.JPG

DSC_1287.JPG

公園入口の景色がここは桃源郷か!?ってくらいきれいでした。

DSC_1290.JPG

アイスを食べながら公園に入っていくと、広場にステージが設置されていて
地元のアイドル?なのかわからないけど若い女の子が昔のアイドルソングを
歌っていました。昭和の頃の松田聖子とか。
ステージ前の芝生にはレジャーシートと敷いてたくさん人がいたけど
まだスペースには余裕があったし、公園の中もまだ人が座れる状態で
都内でこういう公園で催しがあったら今頃は座る場所なんてないんだろうなと
思うと、賑わってるのに余裕があってゆっくりお花見できるって最高だなと
思いました。理想的な賑わい。
ステージ周辺や公園の色んなところに屋台も出ていてお祭り楽しかったです。

DSC_1297_.jpg

DSC_1296.JPG

DSC_1313_.JPG

DSC_1323.JPG

DSC_1309_.jpg

DSC_1284.JPG

DSC_1318.JPG

DSC_1315.JPG

お昼ごはんまだ食べてないけど、ここで屋台のたこ焼き立ち食いっていうのも
なんかアレだな…と思って、そのまま公園を散策してしばらくお祭りを楽しんでから
駅に向かいました。どこかスパとか日帰り温泉的なものはないのかなと探して
みたんですがなさそうなので、秋田駅でお酒でも飲もうかと。

そういえば駅周辺の写真とか撮ってなかったな〜と思って明るいうちに撮影。
普通の街だけど、この景色も私にとっては大事だよなって。

DSC_1324_.jpg

DSC_1328.JPG

もっと駅の写真とかたくさん撮って来ればよかった…。
駅の写真これくらいしかない。

DSC_1335.JPG

前日、能代の駅に置いてあった秋田駅商業施設のリーフレットに日本酒バーが
あると書いてあったので行ってみました。
小さなスペースだけど、きれいなお姉さんかカウンターの中にいて
きっと出張とかのサラリーマンが癒されるんだろうなと思いました。
念願の新政もあったので、何種類かいただきました。
おつまみのいぶりがっこチーズ最高でした。

DSC_1329.JPG

DSC_1330.JPG

DSC_1331.JPG

DSC_1332.JPG

DSC_1333.JPG

うっかり飲みすぎてしまったんですが、途中で見かけたしょうゆソフトを食べて
おみやげをちょっと買って空港行きのバスへ。眠すぎて即寝ました…。
気付いたら空港でした。しょうゆソフトの味はちょっとしょっぱいくらいで
美味しかったですがリピートはしないかなって味でした。しょうゆだし。

DSC_1336.JPG

空港でも眠くて、でもここで寝て飛行機乗り遅れたら大変なことになるので
頑張って起きてたんですが、とにかく眠かった記憶しかないです。
でもなんかおみやげ買い忘れがあった気がしたので、空港のおみやげ屋さんで
いぶりがっこを追加で買いました。結果的に買い忘れなんてなかったし
そもそもバター餅のことを忘れてて、それが残念すぎました。
飛行機はまぁ夜なので景色を見ることもなく、乗って起きたら東京でした。
飲みすぎ良くないよね!!本当に!反省します!
日本酒とはいえ立ち飲みバーでお会計5000円っておかしい…。
あとは幸いまだ地元駅近くまで帰るリムジンがあったので楽に帰れました。

秋田に行きたい能代に行きたいってずっと思っていたけど、つねにぼっちだから
なかなか遠出しようという気持ちにもならなかったので、秋田に行く
素晴らしいきっかけをもらえてよかったなと思いました。
舞台挨拶自体は20分程度だったので、それだけを目的に秋田まで行くには
動機としてそんなに強くなかったんだけど、能代にも行けると思えば!

でも行ってみて、舞台挨拶とか聖地巡礼の目的がなくても
秋田はとっても良いところで行って良かったです。
今回は本当に最高のタイミングで市内は桜が満開っていう特上のオプションが
ついていたわけで…。そういえば桜の時期だけど咲いてるかな〜くらいの
気持ちしかなかったので、こんなに最高のお花見ができるとは思ってなかったです。
しかもゴールデンウィーク前だから旅費も普通のお値段だし。

ちなみに能代のお菓子屋さんで買った能代カップの中身はこんな感じでした。

DSC_1346.JPG

あと能代のイオンで買ったしょっつる鍋味のポテチ!

DSC_1338.JPG

また来年にでも普通に遊びに行きたい!能代も風の松原とか行きたい!
あと、この前家族に乾杯でやってた能代駅の食堂に行きたい!

観光とかするの好きじゃなくて、観劇とか特別な用事がないと
出かけない私が意味もなく旅行行きたいって思える場所ってすごいなと思います。
それだけ良いところだったので、秋田に行きたいと思ってるWエースファンの
人には是非行ってみてほしいです!

ここの2日分のブログに載せた写真は陽泉の本とかイラストとかの参考に
してもらって構わないので活用してください。大した写真ないけど…。
背景トレスとかも良いですよ。この風景にWエース描き加えて!
posted by れれ at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2017年04月23日

秋田旅行1日目

黒バスにハマってから秋田にいつかは行きたいなと思っていましたが
とにかく旅行が好きではないし、友達もいないのに1人でふらふら行ってもな…
という気持ちが強く踏ん切りがつかず、今に至っていたわけですが
すずときーやんが来るなら!と意を決して秋田へ行くことにしました。

正直、きーやんはキャラファンへのサービストークそんなにする方じゃないし
舞台挨拶って30分あるかないかくらいなので、そのためだけに行くには
理由として薄いとは思っていたんですが、今後この2人が陽泉Wエースとして
秋田に(しかも2人だけで)来ることはないだろうし、秋田以外だって
陽泉Wエースとして2人だけで舞台に立つことはおそらくないと思うと
今行かずにいつ行く!?となりました。

秋田には行ったことがなかったわけですが、過去に地方へテニミュで
遠征した時に電車がないとか色々不都合を経験しているので
都会のように思い付きで行動すると帰れなくなる恐れがあるので
きっちり電車やバスの時間を調べて、確実に帰ってこられるスケジュールを
なんとなく立てました。なんとなくしか立てられないのは性格です。
最低でもこのラインで行動すれば死なない…程度のスケジュールで。

舞台挨拶のチケット取れてから旅行手配しようかな…と思っていたけど
良く考えたら格安ツアーとかって7日前で締切なのでは?と思い
チケットがご用意されなかったら1万くらいキャンセル料払う気で
予約した結果、朝駅まで行く電車がなくてそれなりの金額を
地元でタクシーに課金するとか予想外の出費もあったんですが
無事に空港に着いて飛行機に。


思えば久しぶりの飛行機だし、そもそも飛行機に1人で乗ったことなくて
ドキドキしながら乗りました。いつも手荷物検査で金属探知機に
捕まる謎体質なんですが、今回は無事に通過。
そりゃ何もそんな怪しいもの身に付けてませんし!

DSC_1131.JPG

無事秋田空港に到着。駅までのリムジンに乗り遅れると
次の飛行機到着を待つかタクシーになってしまうので、早めにバスへ。
ちょっとうろうろしてたりトイレ並んでたりしたら結構危ういくらいの
時間設定なので、スピーディな行動は大事ですね。

空からの景色がすでに山だったのですが、空港から出たバスから
見える景色も大自然…という感じで。秋田駅はちゃんとしたものが
売ってたりするんだろうか…と大変失礼な心配をしながら
ちょっとうとうとしつつ1時間ほどバスに揺られていました。

宿泊予定のホテルは駅より少し手前のバス停で下車するのが
良さそうだったので、最寄りのバス停で降り、荷物をホテルに預けました。
ホテルのすぐ側に駅周辺の周遊バス(100円)乗り場があったので
乗ってみました。あまり待つようなら歩くつもりでいたけど
運良くすぐに来る時間だったので。

バスからの街の景色を眺めながら、桜満開だな〜お散歩できそう!と
思っていました。秋田市内は丁度お花見シーズンで、完璧に満開でした!
お花見ができるとは全く考えていなかったので、良い観光ができそうな気がしました。

そして秋田駅に到着。思っていたより全然都会(本当に失礼ですみません)
例のごとく駅前に「アニメイト6F」と主張している看板が目に入りました。
さすがアニメイト。とりあえずアニメイトに寄ろうかと思ったんですが
どうやら能代行きの高速バスがもうすぐ来るようだったので、急いで乗り場へ。
間もなくバスが来ました。能代行き…。わくわくする。

このバスからの景色も市内から離れるにつれ緑が。
というかまだ寒いので茶色い枝が…。
不安な気持ちになりつつまたうとうとしながらバスに揺られました。
バス停は能代駅前と能代ステーションがあり、どっちが正解なのか
よくわからないけど駅前で降りてみたら、もう何がどうだかわからない
状態で迷子になりました。広い道路。閉まっているお店。
人は…1人くらいは歩いてるかな?という感じで。
バスケミュージアムがありましたが道路の反対側だったので保留。

DSC_1133.JPG

能代駅から能代工業高校や能代公園は徒歩15分となっていて
能代駅からの地図は確認していたのですが「能代駅前」という
名称なのに駅などどこにもなく…。
これは能代ステーションが正解だったんだなと気付いた時には
もうすでに手遅れで。

これはスマホがなかったら詰んでたなと思いました。
スマホのナビで現在地と目的地の位置を確認して進むことに。
少し傾斜のある道に入ると、目下には広い大きな商店街と思われる景色が。
でも人の気配はあまりなく…。地方の商店街って土日休みだったりするよね!
と思いましたが、いや、今日は金曜日だよ…。
いわゆるシャッター商店街になっているんでしょうか。

静かな商店街を歩いて、ちょうどお昼時間なのでお昼ごはんを食べたかったんですが
飲食店らしきお店もなくて、旅行前に目星をつけておいたお寿司屋さんを
目指しても良かったんですが、お天気がとても良かったので、ごはん食べてる
間に曇ったりしたら残念だし…と思って先に能代工業を目指すことに。

商店街を進むとお菓子屋さんがあったので、お昼ごはんはお菓子にしました。
ケーキとかの洋菓子とおまんじゅうなんかの和菓子が並んでいました。
いくつか美味しそうなお菓子を選んで、さらに「能代カップ」と書かれた
ものがあったので、オレンジとチョコ味を1つずつ。
5個のお菓子を買ってお店を出ようとしたら、能代カップの箱入りも
売っていることに気が付きました。
公園でお菓子味見して美味しかったらお土産に買って帰ろうと思いました。

お菓子屋さんはここ
http://www.shoundou.com/

和菓子屋さんの道路挟んで斜め向かいにイオンがありました。
小さな映画館(基本子供向けのようだ)も備えたイオンでしたが
静かなたたずまい。
自販機も見当たらないのでお茶でも買って、ついでにトイレもこの先には
ないだろうからトイレにも寄りました。そういうの大事だよね!!
トイレには「和式は2階です」って貼り紙があって、そんなに和式のトイレが
求められているんだな…と思いました。

イオンでお茶買って、お菓子売り場で見つけた東北限定しょっつる鍋味ポテチも
買って満足。お菓子の物価は都会と変わらないですね〜。
地方は食品が安いからお給料も安いと聞いていたんですが、最低賃金と
このお菓子の値段を考えると結構厳しいと思うのです。
生鮮食品は見てないのでわかりませんが。

イオンからもう少し先に進むと完全に住宅地に差し掛かりました。
目的地はまだか…と疲れが出始めた頃にたい焼き屋さんが!
「休業中」と札があって今日が休みなのかしばらく休業なのかわかりませんが
能代の子たちはここで買い食いしたりするのかな?と思いました。

DSC_1182.JPG

その少し先に、学校が!バスケの銅像がある!
ここが…能代工業!
おそらく裏口?と思われる場所に辿り着いてしまったんですが
学校に侵入するわけにいかないので、外から眺めてついにここまで来たという
満足感でいっぱいに。フォロワーさんのツイートを見ると、お願いすれば
練習を見学させてもらえたようなんですが、私が行った時間はお昼時なので
まだ授業中だったと思うので、どのみち無理でしたね。
あと1人で高校生男子の練習風景見るとか恥ずかしすぎるし。

DSC_1142.JPG

学校のすぐそばには能代公園が。桜がきれいだということだったので
市内の様子から察するに最高のタイミングなのでは!?と思ったんですが
秋田市内からバスで1時間半くらい北上した場所なので、気温が低いらしく
まだ桜は5分咲という程度でした。それでもその日は18度くらいまで
気温があってとても暑かったので、今日から頑張って咲いた感じが。
満開シーズンではないせいか、人もほとんどいなくて静かでした。
これから桜のお祭りをやるようで、提灯とか準備されていました。

DSC_1148.JPG

DSC_1157.JPG

DSC_1176.JPG

日差しは温かいけど風は冷たくて、コートを脱いだり着たりしながら
移動してました。ベンチに座ってぬい撮影したり、お菓子食べて
お花見しました。能代カップ(お菓子)はカップケーキでした。
味はなかなか美味しかったです。帰りに買うこと決定!

DSC_1168.JPG

DSC_1170.JPG

DSC_1171.JPG

公園から移動しようとした時にツイッターを覗いたら、どうやら
私が行こうと思っていたお寿司屋さんに行ったツイートがあって
そのお店に作画監督の後藤さんの黒バス色紙があると!
元々行こうと思ってたし、お菓子食べちゃったけどお寿司くらいなら
余裕かな!と思ってお寿司屋さんを目指しました。

お店は至って普通の、でもちょっと高級そうな店構えで…入って平気なの?と
心配でしたが、ここまで来たなら入るしかない!と飛び込みました。
やってますか?と聞くとご主人が大丈夫と言ってくださったのでカウンターへ。
カウンター5席くらいとテーブル席が2つくらいのお店でした。
カウンターでお寿司握ってもらって1人で食べるなんて初めて…。
食べログで確認してたのでお値段は3000円くらいと把握していたのですが
一応先にお値段を確認させてもらったら、おまかせで3200円とのことで。
大丈夫!私にも何とか食べられるお値段!

ご主人がまずはトロから握ってくださり、その次も多分アジとか多分アワビとか
いっぱい出てきました。多分と言ってしまうくらいお菓子以外の食に疎いので
こんな私がいただくべきお寿司ではないのでは!とちょっと申し訳ない気持ちに
なってしまったのですが、美味しいことはわかります!
ふんわり握られた程よいサイズのシャリと新鮮なお魚。
奥から店主さんより若い方が出てきて巻物を作りはじめました。
そこから交代で若旦那さん(って呼べばいいの?)がカウンターに。

「今日はお仕事ですか?」と話しかけられたので、旅行であることと
その色紙に興味があることなど差しさわりないように伝えました。
さっきも女性3人が来て「後藤さん来たんですか!?」って聞かれたんですけど
そんな有名な方なんですか?と質問されたんですが、私の界隈では有名だけど
どうやって答えればいいものか…。

漫画やアニメの知識はないようだったので、簡単にアニメについてお話をして
アニメの絵を描く人の一番偉い人なんですよと説明しました。
厳密にはそうじゃないですけど…そのくらいの説明がベストかと。

後藤さんはお友達に連れられてそのお店に来て、お友達の方が
「この人すごいからサイン貰っておいた方がいいよ!!」と言ってくれたので
そこまで言うならともらうことにしたら、後日その色紙が送られてきたそうです。
これまでも色紙を見て「黒子のバスケだ」と反応をする人はいたけれど
後藤さんの名前に反応する人は今回が初めてと言っていました。
アニメ見てても作画監督の名前とかまで把握する人はオタク以外いないですからね…。

若旦那さんは「現代版のスラムダンクみたいなものなんですね」と言っていたので
そう思っていいと思いますよ!とお返事しておきました。
あと、アニメとコラボして町おこしとかして成功している地域もあるので
ある意味今回はそれに近い理由でファンが能代へ来るであろうこと、
明日もきっとファンがこちらのお店へ来るであろうこともお話しました。
とか言って誰も行かなかったらどうしよ〜と心配だったんですが
TLで少なくとも数名は行った感じがするので嘘にならなくて良かったです。

DSC_1185.JPG

DSC_1186.JPG

お寿司屋さんはここ
https://tabelog.com/akita/A0503/A050301/5001487/

お店を出て、お菓子屋さんでお菓子を買い足して駅方面へ。
静かな街並みを見ながら、ここを歩くWエースとか妄想して楽しい旅をしました。
もっと街の風景を撮影したかったんですが、女1人で街の写真撮るとか
不審に思われそうであんまり撮れませんでした。
でも人がいないんだから撮っても良かったのでは!?とちょっと後悔。

DSC_1191.JPG

DSC_1189.JPG

元来た道を戻って、バス停の辺りには着いたんですが、電車の駅が
わからなかったのでまたナビで調べて能代駅へ到着。
遠くまで来たんだな…という感じがします。
電車が来るまで少し時間があったので、駅周辺を見てから待合室へ。
お土産屋さんもあったんですけど、もう歩き疲れてて元気が…。
能代駅のお店もっとちゃんと見たかったな。
秋田駅にはなさそうなお菓子もあった気配がするし。今度!行こう!

DSC_1194.JPG

DSC_1193.JPG

1000円を超える切符を買って、本当に遠いんだなと思いつつホームへ。
秋田駅行きは反対側のホームだったので、向こう側に行かなきゃ〜と
思ったら、手前のホームにはバスケの街らしい飾り付けが。
興奮しながら写真を撮っていたら「まもなく電車が参ります」と
アナウンスが。興奮しすぎて時間を忘れていた!!
慌てて反対側のホームへ。

DSC_1221.JPG

DSC_1200.JPG

DSC_1203.JPG

DSC_1205.JPG

DSC_1208.JPG

DSC_1212.JPG

DSC_1215.JPG

DSC_1216.JPG

DSC_1217.JPG

私が写真に夢中だったので、気を聞かせて早めにアナウンスしてくれたのかな?
と思うくらい、電車はちょっと時間をおいて到着しました。
乗車したのは数名。
ボックス席に着き、誰もいないし、次の駅まできっと時間かかるはずと思い
ぬい撮影。商店街では不審すぎるからぬい撮影できなかったし。

DSC_1218.JPG

DSC_1220.JPG

次の東能代で乗り換えて秋田駅へ。
うっかり向かいのホームに止まってる電車に乗ってしまいそうだったんですが
どう見ても青森行きです。乗ったら大変。

乗り換えの時間が20分くらいあったので、ベンチでぼーっとしていました。
女性の駅員さん(駅長さんなのかな?)がいました。
地方の駅って女が駅員なんて!とか言われてやらせてもらえないのかなと
思っていましたが(偏見すぎるよね…)女性も活躍しているようで何より。
いや、地方住みの人の話聞くと、女性の扱いが未だ酷い地域もあるっていうからさ…。

のんびり電車に揺られて秋田に到着。乗り換えた電車には時間的も
丁度帰りのタイミングだったためか、学生さんとかも乗ってて
わりと活気がありました。

秋田駅について、夕食で行きたいお店が開くまでまだ時間があったので
駅のキヨスク(おなじみのJR系NEWDAYS)でお菓子を物色。
おみやげは明日買うとして、気になるお菓子をいくつか。
全体的に安い…と思う。イオンで見た全国流通しているお菓子は
どこも値段が変わらないのかもしれないけど、ローカルなお菓子は
安いのかもしれない。

駅からアニメイトに移動して店内覗いてみたところ、黒バスグッズは
大抵都内では余っているアツシのグッズが全然なかったです。
秋田ではやっぱりアツシ人気なのかな?
監視カメラ作動中(よく店舗に置いてある手作りのやつ)の絵がアツシでした。
やっぱりアツシ秋田では推されてるんだ!

まだ時間があったので、その辺のお店を見つつ、目的の飲食店へ。
事前の下調べでは駅周辺のお店は都会でもよくあるチェーン店が多くて
せっかくだからチェーン店じゃないところで、できれば新政のお酒が
あるお店がいいなと思って決めていた和食屋さんへ到着。
途中道を間違えてキャバクラとかしかない雰囲気のちょっと怪しげな
路地に入ってしまいましたが。違う!違うよ!出勤する人じゃないよ!

お店にはどうやら旅の途中で来たと思われる年配の男性が1人。
おかみさんとお話していました。
もう慣れたもので、カウンターに座りお酒を注文。
新政ありますか?と聞いたら、ボトルなら出せるんだけど…ということで
諦めました。この場で1本は飲めないし、残ったの持ち帰るのも無理だし。
諦めて他のお酒をいただきました。

何分1人なのであまり色々注文するわけにもいかず、軽めのつまみに
なりそうなメニューを選択。
とんぶりとろろにバッケみそ(ふきのとうの味噌漬け的なもの)と
ぎばさの酢の物をいただきました。

DSC_1230.JPG

DSC_1231.JPG

DSC_1234.JPG

DSC_1236.JPG

DSC_1233.JPG

メニューにあった「くろも」「ぎばさ」って何ですか?と聞いたら
どちらも海藻でくろもは夏、ぎばさは冬のもの。
今の時期ならぎばさでいいんじゃないかな?とおすすめされたので
ぎばさを注文。正直なところ酢の物はあまり得意ではないんですが
そんなに酸っぱくなくて美味しかったです。
とろとろねばねばでした。

きりたんぽ鍋も1人前で注文可能とのことを確認済みだったので
最後にお鍋を。きりたんぽ鍋は品川のお店でもよく食べてるのですが
お店によって多少違いますよね。
具材のバリエーションは少なめかも…と思ったんですが大きな違いは
きりたんぽ。いつも食べるのはそんなにおなかいっぱいにならない
気がしてたんだけど、すごい食べごたえが!

店主さんいわく、市販のは薄いけど、うちでは手作りだから
崩れないようにごはんぎっしり詰めてるからね。とのことで。
食べても食べても減らない!
注文した後におかみさんが「シャリちょうだい!」って言ってたので
その場で作られたと思われます。きりたんぽかだまこの方か
両方かわからないけど。だまこもギュっとしてました。

美味しいお酒とボリュームあるお鍋でおなかいっぱいに。
食べてる間はカウンターにあるテレビで地元のニュース見ながら
店主さんと雑談したり。明日の予定がないんだけど市内で
おすすめありますか?と聞いてみたら、千秋公園がいいよ、お城もあるよと
教えていただきました。他にも羽生くんの話(ニュースやってたので)とか、
能代の桜の話とかしてきました。コミュ障なのにね!!

お店からホテルに戻る途中も川沿いの桜を楽しみました。
ホテルは大浴場付きだったのでのんびりお風呂に入って
お風呂上りにコーヒー牛乳飲んで満喫。
部屋でぬい撮影したりお茶飲んで地元のニュース見てまったり。
明日の朝も早いのでちょっと早めに就寝。

DSC_1238.JPG

DSC_1241.JPG

そして2日目へ…
http://rere-n.seesaa.net/article/450763454.html
posted by れれ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2017年03月19日

黒子のバスケ劇場版感想

映画、始まりましたね!
最近はすっかり更新しなくなったこのブログですが、自動的に
他者のTLへ流れてしまうツイッターとは違って書き留めておけるし
見たい人だけに見てもらえるのはブログの強みかな。

というわけで、感想を書きたいところですが絶賛原稿中なので
どうしても伝えたいことだけ。
主に追加エピソードの内容になるので完全にネタバレです。
読み返してないので誤字脱字等あったらごめんなさい。

では、ネタバレOKな方のみ下へどうぞ。







追加エピソードは黒子と火神の別れとなるわけですが、予告からすでに
そんな雰囲気は醸し出していたし、映画冒頭の火神くんが
NBA選手になりたい!とはっきり言っているので、ただバスケができれば
良いと思っている子ではないとわかりますよね。
そしてアレックスの流れ。
もう最初から火神と黒子の別れが約束されているような、そんな始まり方
でしたが、ストーリーが進むとそんなことを忘れるくらい熱い展開。

原作も熱かったですが、そこに動きと色と声や音がついて
アニメーターさんたちの熱量も声優さんたちの熱量もすごくて
最初は映画が90分らしいというのを聞いて短い!と思っていましたが
凝縮されていて時間的な短さを感じないくらいのアニメになっていたと思います。

推しキャラに限定した目線での感想は「ぷーい」がなかったことで、
WCの勝敗を示唆する話ではなくなっていた。
木吉先輩に室ちんの出番とられた…。
これは最後のシーン変更に伴い、主人公チームの主要キャラである木吉が
全くでなくなってしまうことの回避だったと思うので仕方ないですね。
思えばEGは木吉ファンに大変厳しい…。
あと、アツシが覚醒した時の室ちんのセリフがなくなってて
そこは本当に悲しかったですね。

で、追加エピソードについてです。

アツシ、ケガ大丈夫なの!?赤司くん止めてよ〜〜〜というのが
まず大きいですが、逆に赤司が許可するなら大したことないんだなって
安心できます。

火神と黒子の別れですが、もうこれは誰のファンでも泣けますよね。
火神くんはわりとサッパリしたタイプだし強い子だし、元気だし
そんな脆そうでもないし…というイメージになりがちですが
そもそも幼少期に渡米した時には友達ができず、苦労していましたよね。
そこで友達を作るきかっけと、おそらく生涯に渡って自分を構成していく
バスケというスポーツに氷室が結び付けたわけです。

火神大我という人間を構築する最も重要な部分を氷室が与えたって
すごいですよね…そんな恩人をリスペクトして何より嫌われたくないと
思う火神くんの気持ちは仕方ない…。
氷室には氷室の大きな譲れない気持ちがあるのでこれはこれで仕方ない…。

話が逸れましたが、空港で一度別れたあと、火神は黒子のことを
考えるわけですが「選手としては小さい」と、自分はNBAを目指して
渡米するけど、黒子がバスケットを部活や趣味の範囲を超えて
プレーすることが難しいだろうと考えているわけですよね。
今まで自分は黒子と同じ場所でプレーしていたけど、これからは
違うと。黒子は自分のところへ来られないと。

黒子の元に戻って自分の気持ちを吐露するシーンは
火神くんらしくなくて、でもすごく火神くんらしいそんな
セリフ回しと描写が良いなと思いました。
元々日本語がちょっと不自由なことと、感情が昂ぶって
うまく表現できない様子が全面に出てましたよね。

で、火神くんが泣いた…。

火神くん、そういえば今まで泣いてなかった。
今まで黒子火神のペアにキセキたちは泣かされてきました。
火神くんは黒子側なので、泣かされる側になるとは思っていなかったので
火神くんが…泣いた…と呆気に取られてしまいました。
彼も黒子テツヤのバスケに魅せられて、ここまで成長した人の
一人だったんだな…と。

またなって言う火神くん、さよならって言う黒子。
この対比がまた涙を誘いますよね。
もう感想でちらほら見かけますが、火神くんがアメリカに
行くことが今生の別れではない。なのにさようならという言葉を
選ぶ黒子。ああ、一緒にバスケをやる相棒としては
「さようなら」なんだなと。

今後もキセキで集まって一緒にバスケを楽しむことはあるかもしれないけど
相棒として全力で勝ちを獲りに行くことはもうない。
それがわかっているから「さようなら」なんですね…。
火神くんの「またな」は普通に友人としてまた会えるからという意味なのか
また一緒にバスケやろーなという意味なのか、色々含まれているのかなと
思いますが、これからもバスケを本格的に続ける立場の火神と
本格的なバスケは続けられないと悟っている黒子の別れの言葉は
本当に重いですね。

でも黒子の「さようなら」はボクとはお別れだけど
キミならボクがいなくても大丈夫ですよという意味もあるんだろうなと
思っていたり…。さようならが本当に重くて深い。

映画の英語サブタイトルが連載時の表記と違っていると
話題になっていましたが、火神と共にチームを勝利へ導くのが
連載時の「黒子(テツヤ)のバスケ」なら、火神くんと別れることで
誠凛高校の選手としての黒子テツヤのバスケは終わりを迎えるんだなと。


追加エピソードで地味に嬉しかったのは、アツシ怪我治ってるじゃん!
というのもあるんですが、真ちゃんの言葉ですね。
よく二次創作界隈では緑間は高校でバスケ辞めそうとか
将来は医者になるだろうから選手にはならなそうとか言われてて
私も将来はバスケット選手になることは考えてなさそうだなと
思っていました。
能力的にも他キャラと違ってチートな3Pが武器なので
もちろん身体能力や基本技術はハイレベルなんでしょうけど
一番のウリが超弾道3Pだと選手としてやっていくには難しいのでは?
と素人ですが考えています。まして高尾のような相棒が見つからなければ
空中装填もできないですからね。

そんな真ちゃんがこの先もバスケを続けていればまたやれるだろうと
いうセリフを与えられているってすごいなと。
少なくともあの時点ではずっと続ける気でいるし、火神に続いて
NBA入りも視野に入れていなくもないような含みがあるのかなと思いました。

これによって、黒子のバスケの世界はこれからも続いているし
もしかしたら数年後に全員NBA入りしてアメリカを舞台に戦うみたいな
新連載だってできなくないですからね。

テニスの方はそんな感じなので、このみ先生と対談をしたことにより
そういう時系列が謎だけどファンが嬉しい要素がインスパイアされたら
いいなと思っていたので、その可能性を残してくれるエピソードだったなと
思いました。

ストーリーとしてはきれいにまとまって終わっているけど
未来を感じられる。良いラストになっていたと思います。
たとえば「みんな大人になってそれぞれのバスケ選手以外の
職業について、火神がNBAで活躍する映像を見ている」みたいな
ラストにされてしまったら、高校か大学でバスケは終わり。
あくまでも部活動でした!でバスケ漫画として終わっちゃう
わけですからね。それがすごく嬉しかったです。

他にも細かいこと書きたいですが、時間がないのでインテが終わって
少し落ち着いた頃にでも追記したいと思います。

青峰くんも黄瀬くんも赤司くんも真ちゃんもみんなかっこよかったし
本当に映画最高だった!!!泣けるけど試合描写本当にすごい!
舞台挨拶ライビュだったから座席があんまり良いところ取れなかったので
次は見やすいポジション取って見たい!!そのために原稿しよう!
posted by れれ at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2016年11月13日

お久しぶりの

最早個人サイトなど太古の遺物という時代に個人ブログの存在も
意味をなさないとはわかっていても消せない未練…。
そんな具合でサイトもブログも残っていますが、まぁ一応
何かあったら生きてるよってことでこのまま残しています。

気に入った作家のツイッターフォローしていれば勝手に
絵と告知が流れて来るからそろそろピクシブすら見ない時代の
到来を感じて、情報を求めてツイッターをフォローして
くれるようなファンがいない底辺同人作家は一体この先
どうなっていくのか…という一抹の不安もありますが
まぁ別に同人誌が売れなくても困らないのでオフの方も
今まで通り続けて行く予定です。

最近ジャンルの移り変わりどころかオタク活動に関することも
それ以外も世間の流れがすべて早すぎる気がしますよね!
もっとのんびり行こうよ!生き急いで早死にしたいのか!?と
思う次第です。今の時代長生きしても良いことなさそうだけどね!
私がおばあさんになる頃には死ぬまで年金もらえそうにないし。

そんな進化が急速に進む時代なのに我が家は未だにADSL回線という
死滅寸前のインターネットサービスを利用しています。
理由は工事の人呼ぶのがめんどくさいという怠惰な事情でした。

先日私のスマホが買って1年程度でおかしなことになってしまい
メーカーがこれは故障ではないと言い張る酷いことになって
お店で色々交渉したついでに光回線に勧誘されたので
(今までも何度もされてたけど断り続けていた)対応してくれた
お兄さんの親切さを買って、ついに回線切り替えを決意しました。

auなのでお店の人はau光に変えてもらうつもりだったようですが
今のプロバイダと契約切っちゃうとHPが消える!と思って
そこは今の会社で…とお願いし、料金の割引は適用部分が
少なくなったものの、存続維持となりました。
ぶっちゃけ意味のないHP残すより毎月の料金安くなった方が断然
有益だと思うんですけどね!けどね!

昨日は刀剣乱舞の厳島神社公演ライブ配信が見たいという母の願いを
叶えるべく、PCをテレビに繋ぐというめんどくさい準備もしたのですが
当然動画配信に耐えられる回線ではないので、低画質でモザイクの
ような画面を見ることとなりました。配信開始直前までエラーの
連発だったので、本編が止まらずに見られたことは奇跡です。
こういうことがあると、もっと早く回線変えればよかったよね!
という話になるのですが、まぁ今後もこういうこと増えるだろうから
良い機会でした。不良のスマホ何か月も使ってたのは苦痛だったけど。

そんな感じでオタク活動に人生を相変わらず注いでいます。
これ本当に誰が読んでるのかわかりませんけど、半年に
1回くらい誰かが見てたら嬉しいよねって感覚でたまに更新
することにします。
posted by れれ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2016年05月02日

brightcolorsネタバレ

うわ〜Wエース健在で室ちんがパスに開眼とかそれアツシのためじゃん!
前まではアツシが守ってオレが攻めるだったのに!攻めるようになったアツシやチームメイトにパス出してチームプレーする室ちんていうかアツシにパスするために〜パスに開眼とかさ〜もうどうしろって言うのよ〜・゜・(つД`)・゜・

キャプテンやってない室ちんも、キャプテンの室ちんもいいと思うのよね!もう全てが輝いてるよね!陽泉Wエースって!!!
posted by れれ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画