2017年04月23日

秋田旅行1日目

黒バスにハマってから秋田にいつかは行きたいなと思っていましたが
とにかく旅行が好きではないし、友達もいないのに1人でふらふら行ってもな…
という気持ちが強く踏ん切りがつかず、今に至っていたわけですが
すずときーやんが来るなら!と意を決して秋田へ行くことにしました。

正直、きーやんはキャラファンへのサービストークそんなにする方じゃないし
舞台挨拶って30分あるかないかくらいなので、そのためだけに行くには
理由として薄いとは思っていたんですが、今後この2人が陽泉Wエースとして
秋田に(しかも2人だけで)来ることはないだろうし、秋田以外だって
陽泉Wエースとして2人だけで舞台に立つことはおそらくないと思うと
今行かずにいつ行く!?となりました。

秋田には行ったことがなかったわけですが、過去に地方へテニミュで
遠征した時に電車がないとか色々不都合を経験しているので
都会のように思い付きで行動すると帰れなくなる恐れがあるので
きっちり電車やバスの時間を調べて、確実に帰ってこられるスケジュールを
なんとなく立てました。なんとなくしか立てられないのは性格です。
最低でもこのラインで行動すれば死なない…程度のスケジュールで。

舞台挨拶のチケット取れてから旅行手配しようかな…と思っていたけど
良く考えたら格安ツアーとかって7日前で締切なのでは?と思い
チケットがご用意されなかったら1万くらいキャンセル料払う気で
予約した結果、朝駅まで行く電車がなくてそれなりの金額を
地元でタクシーに課金するとか予想外の出費もあったんですが
無事に空港に着いて飛行機に。


思えば久しぶりの飛行機だし、そもそも飛行機に1人で乗ったことなくて
ドキドキしながら乗りました。いつも手荷物検査で金属探知機に
捕まる謎体質なんですが、今回は無事に通過。
そりゃ何もそんな怪しいもの身に付けてませんし!

DSC_1131.JPG

無事秋田空港に到着。駅までのリムジンに乗り遅れると
次の飛行機到着を待つかタクシーになってしまうので、早めにバスへ。
ちょっとうろうろしてたりトイレ並んでたりしたら結構危ういくらいの
時間設定なので、スピーディな行動は大事ですね。

空からの景色がすでに山だったのですが、空港から出たバスから
見える景色も大自然…という感じで。秋田駅はちゃんとしたものが
売ってたりするんだろうか…と大変失礼な心配をしながら
ちょっとうとうとしつつ1時間ほどバスに揺られていました。

宿泊予定のホテルは駅より少し手前のバス停で下車するのが
良さそうだったので、最寄りのバス停で降り、荷物をホテルに預けました。
ホテルのすぐ側に駅周辺の周遊バス(100円)乗り場があったので
乗ってみました。あまり待つようなら歩くつもりでいたけど
運良くすぐに来る時間だったので。

バスからの街の景色を眺めながら、桜満開だな〜お散歩できそう!と
思っていました。秋田市内は丁度お花見シーズンで、完璧に満開でした!
お花見ができるとは全く考えていなかったので、良い観光ができそうな気がしました。

そして秋田駅に到着。思っていたより全然都会(本当に失礼ですみません)
例のごとく駅前に「アニメイト6F」と主張している看板が目に入りました。
さすがアニメイト。とりあえずアニメイトに寄ろうかと思ったんですが
どうやら能代行きの高速バスがもうすぐ来るようだったので、急いで乗り場へ。
間もなくバスが来ました。能代行き…。わくわくする。

このバスからの景色も市内から離れるにつれ緑が。
というかまだ寒いので茶色い枝が…。
不安な気持ちになりつつまたうとうとしながらバスに揺られました。
バス停は能代駅前と能代ステーションがあり、どっちが正解なのか
よくわからないけど駅前で降りてみたら、もう何がどうだかわからない
状態で迷子になりました。広い道路。閉まっているお店。
人は…1人くらいは歩いてるかな?という感じで。
バスケミュージアムがありましたが道路の反対側だったので保留。

DSC_1133.JPG

能代駅から能代工業高校や能代公園は徒歩15分となっていて
能代駅からの地図は確認していたのですが「能代駅前」という
名称なのに駅などどこにもなく…。
これは能代ステーションが正解だったんだなと気付いた時には
もうすでに手遅れで。

これはスマホがなかったら詰んでたなと思いました。
スマホのナビで現在地と目的地の位置を確認して進むことに。
少し傾斜のある道に入ると、目下には広い大きな商店街と思われる景色が。
でも人の気配はあまりなく…。地方の商店街って土日休みだったりするよね!
と思いましたが、いや、今日は金曜日だよ…。
いわゆるシャッター商店街になっているんでしょうか。

静かな商店街を歩いて、ちょうどお昼時間なのでお昼ごはんを食べたかったんですが
飲食店らしきお店もなくて、旅行前に目星をつけておいたお寿司屋さんを
目指しても良かったんですが、お天気がとても良かったので、ごはん食べてる
間に曇ったりしたら残念だし…と思って先に能代工業を目指すことに。

商店街を進むとお菓子屋さんがあったので、お昼ごはんはお菓子にしました。
ケーキとかの洋菓子とおまんじゅうなんかの和菓子が並んでいました。
いくつか美味しそうなお菓子を選んで、さらに「能代カップ」と書かれた
ものがあったので、オレンジとチョコ味を1つずつ。
5個のお菓子を買ってお店を出ようとしたら、能代カップの箱入りも
売っていることに気が付きました。
公園でお菓子味見して美味しかったらお土産に買って帰ろうと思いました。

お菓子屋さんはここ
http://www.shoundou.com/

和菓子屋さんの道路挟んで斜め向かいにイオンがありました。
小さな映画館(基本子供向けのようだ)も備えたイオンでしたが
静かなたたずまい。
自販機も見当たらないのでお茶でも買って、ついでにトイレもこの先には
ないだろうからトイレにも寄りました。そういうの大事だよね!!
トイレには「和式は2階です」って貼り紙があって、そんなに和式のトイレが
求められているんだな…と思いました。

イオンでお茶買って、お菓子売り場で見つけた東北限定しょっつる鍋味ポテチも
買って満足。お菓子の物価は都会と変わらないですね〜。
地方は食品が安いからお給料も安いと聞いていたんですが、最低賃金と
このお菓子の値段を考えると結構厳しいと思うのです。
生鮮食品は見てないのでわかりませんが。

イオンからもう少し先に進むと完全に住宅地に差し掛かりました。
目的地はまだか…と疲れが出始めた頃にたい焼き屋さんが!
「休業中」と札があって今日が休みなのかしばらく休業なのかわかりませんが
能代の子たちはここで買い食いしたりするのかな?と思いました。

DSC_1182.JPG

その少し先に、学校が!バスケの銅像がある!
ここが…能代工業!
おそらく裏口?と思われる場所に辿り着いてしまったんですが
学校に侵入するわけにいかないので、外から眺めてついにここまで来たという
満足感でいっぱいに。フォロワーさんのツイートを見ると、お願いすれば
練習を見学させてもらえたようなんですが、私が行った時間はお昼時なので
まだ授業中だったと思うので、どのみち無理でしたね。
あと1人で高校生男子の練習風景見るとか恥ずかしすぎるし。

DSC_1142.JPG

学校のすぐそばには能代公園が。桜がきれいだということだったので
市内の様子から察するに最高のタイミングなのでは!?と思ったんですが
秋田市内からバスで1時間半くらい北上した場所なので、気温が低いらしく
まだ桜は5分咲という程度でした。それでもその日は18度くらいまで
気温があってとても暑かったので、今日から頑張って咲いた感じが。
満開シーズンではないせいか、人もほとんどいなくて静かでした。
これから桜のお祭りをやるようで、提灯とか準備されていました。

DSC_1148.JPG

DSC_1157.JPG

DSC_1176.JPG

日差しは温かいけど風は冷たくて、コートを脱いだり着たりしながら
移動してました。ベンチに座ってぬい撮影したり、お菓子食べて
お花見しました。能代カップ(お菓子)はカップケーキでした。
味はなかなか美味しかったです。帰りに買うこと決定!

DSC_1168.JPG

DSC_1170.JPG

DSC_1171.JPG

公園から移動しようとした時にツイッターを覗いたら、どうやら
私が行こうと思っていたお寿司屋さんに行ったツイートがあって
そのお店に作画監督の後藤さんの黒バス色紙があると!
元々行こうと思ってたし、お菓子食べちゃったけどお寿司くらいなら
余裕かな!と思ってお寿司屋さんを目指しました。

お店は至って普通の、でもちょっと高級そうな店構えで…入って平気なの?と
心配でしたが、ここまで来たなら入るしかない!と飛び込みました。
やってますか?と聞くとご主人が大丈夫と言ってくださったのでカウンターへ。
カウンター5席くらいとテーブル席が2つくらいのお店でした。
カウンターでお寿司握ってもらって1人で食べるなんて初めて…。
食べログで確認してたのでお値段は3000円くらいと把握していたのですが
一応先にお値段を確認させてもらったら、おまかせで3200円とのことで。
大丈夫!私にも何とか食べられるお値段!

ご主人がまずはトロから握ってくださり、その次も多分アジとか多分アワビとか
いっぱい出てきました。多分と言ってしまうくらいお菓子以外の食に疎いので
こんな私がいただくべきお寿司ではないのでは!とちょっと申し訳ない気持ちに
なってしまったのですが、美味しいことはわかります!
ふんわり握られた程よいサイズのシャリと新鮮なお魚。
奥から店主さんより若い方が出てきて巻物を作りはじめました。
そこから交代で若旦那さん(って呼べばいいの?)がカウンターに。

「今日はお仕事ですか?」と話しかけられたので、旅行であることと
その色紙に興味があることなど差しさわりないように伝えました。
さっきも女性3人が来て「後藤さん来たんですか!?」って聞かれたんですけど
そんな有名な方なんですか?と質問されたんですが、私の界隈では有名だけど
どうやって答えればいいものか…。

漫画やアニメの知識はないようだったので、簡単にアニメについてお話をして
アニメの絵を描く人の一番偉い人なんですよと説明しました。
厳密にはそうじゃないですけど…そのくらいの説明がベストかと。

後藤さんはお友達に連れられてそのお店に来て、お友達の方が
「この人すごいからサイン貰っておいた方がいいよ!!」と言ってくれたので
そこまで言うならともらうことにしたら、後日その色紙が送られてきたそうです。
これまでも色紙を見て「黒子のバスケだ」と反応をする人はいたけれど
後藤さんの名前に反応する人は今回が初めてと言っていました。
アニメ見てても作画監督の名前とかまで把握する人はオタク以外いないですからね…。

若旦那さんは「現代版のスラムダンクみたいなものなんですね」と言っていたので
そう思っていいと思いますよ!とお返事しておきました。
あと、アニメとコラボして町おこしとかして成功している地域もあるので
ある意味今回はそれに近い理由でファンが能代へ来るであろうこと、
明日もきっとファンがこちらのお店へ来るであろうこともお話しました。
とか言って誰も行かなかったらどうしよ〜と心配だったんですが
TLで少なくとも数名は行った感じがするので嘘にならなくて良かったです。

DSC_1185.JPG

DSC_1186.JPG

お寿司屋さんはここ
https://tabelog.com/akita/A0503/A050301/5001487/

お店を出て、お菓子屋さんでお菓子を買い足して駅方面へ。
静かな街並みを見ながら、ここを歩くWエースとか妄想して楽しい旅をしました。
もっと街の風景を撮影したかったんですが、女1人で街の写真撮るとか
不審に思われそうであんまり撮れませんでした。
でも人がいないんだから撮っても良かったのでは!?とちょっと後悔。

DSC_1191.JPG

DSC_1189.JPG

元来た道を戻って、バス停の辺りには着いたんですが、電車の駅が
わからなかったのでまたナビで調べて能代駅へ到着。
遠くまで来たんだな…という感じがします。
電車が来るまで少し時間があったので、駅周辺を見てから待合室へ。
お土産屋さんもあったんですけど、もう歩き疲れてて元気が…。
能代駅のお店もっとちゃんと見たかったな。
秋田駅にはなさそうなお菓子もあった気配がするし。今度!行こう!

DSC_1194.JPG

DSC_1193.JPG

1000円を超える切符を買って、本当に遠いんだなと思いつつホームへ。
秋田駅行きは反対側のホームだったので、向こう側に行かなきゃ〜と
思ったら、手前のホームにはバスケの街らしい飾り付けが。
興奮しながら写真を撮っていたら「まもなく電車が参ります」と
アナウンスが。興奮しすぎて時間を忘れていた!!
慌てて反対側のホームへ。

DSC_1221.JPG

DSC_1200.JPG

DSC_1203.JPG

DSC_1205.JPG

DSC_1208.JPG

DSC_1212.JPG

DSC_1215.JPG

DSC_1216.JPG

DSC_1217.JPG

私が写真に夢中だったので、気を聞かせて早めにアナウンスしてくれたのかな?
と思うくらい、電車はちょっと時間をおいて到着しました。
乗車したのは数名。
ボックス席に着き、誰もいないし、次の駅まできっと時間かかるはずと思い
ぬい撮影。商店街では不審すぎるからぬい撮影できなかったし。

DSC_1218.JPG

DSC_1220.JPG

次の東能代で乗り換えて秋田駅へ。
うっかり向かいのホームに止まってる電車に乗ってしまいそうだったんですが
どう見ても青森行きです。乗ったら大変。

乗り換えの時間が20分くらいあったので、ベンチでぼーっとしていました。
女性の駅員さん(駅長さんなのかな?)がいました。
地方の駅って女が駅員なんて!とか言われてやらせてもらえないのかなと
思っていましたが(偏見すぎるよね…)女性も活躍しているようで何より。
いや、地方住みの人の話聞くと、女性の扱いが未だ酷い地域もあるっていうからさ…。

のんびり電車に揺られて秋田に到着。乗り換えた電車には時間的も
丁度帰りのタイミングだったためか、学生さんとかも乗ってて
わりと活気がありました。

秋田駅について、夕食で行きたいお店が開くまでまだ時間があったので
駅のキヨスク(おなじみのJR系NEWDAYS)でお菓子を物色。
おみやげは明日買うとして、気になるお菓子をいくつか。
全体的に安い…と思う。イオンで見た全国流通しているお菓子は
どこも値段が変わらないのかもしれないけど、ローカルなお菓子は
安いのかもしれない。

駅からアニメイトに移動して店内覗いてみたところ、黒バスグッズは
大抵都内では余っているアツシのグッズが全然なかったです。
秋田ではやっぱりアツシ人気なのかな?
監視カメラ作動中(よく店舗に置いてある手作りのやつ)の絵がアツシでした。
やっぱりアツシ秋田では推されてるんだ!

まだ時間があったので、その辺のお店を見つつ、目的の飲食店へ。
事前の下調べでは駅周辺のお店は都会でもよくあるチェーン店が多くて
せっかくだからチェーン店じゃないところで、できれば新政のお酒が
あるお店がいいなと思って決めていた和食屋さんへ到着。
途中道を間違えてキャバクラとかしかない雰囲気のちょっと怪しげな
路地に入ってしまいましたが。違う!違うよ!出勤する人じゃないよ!

お店にはどうやら旅の途中で来たと思われる年配の男性が1人。
おかみさんとお話していました。
もう慣れたもので、カウンターに座りお酒を注文。
新政ありますか?と聞いたら、ボトルなら出せるんだけど…ということで
諦めました。この場で1本は飲めないし、残ったの持ち帰るのも無理だし。
諦めて他のお酒をいただきました。

何分1人なのであまり色々注文するわけにもいかず、軽めのつまみに
なりそうなメニューを選択。
とんぶりとろろにバッケみそ(ふきのとうの味噌漬け的なもの)と
ぎばさの酢の物をいただきました。

DSC_1230.JPG

DSC_1231.JPG

DSC_1234.JPG

DSC_1236.JPG

DSC_1233.JPG

メニューにあった「くろも」「ぎばさ」って何ですか?と聞いたら
どちらも海藻でくろもは夏、ぎばさは冬のもの。
今の時期ならぎばさでいいんじゃないかな?とおすすめされたので
ぎばさを注文。正直なところ酢の物はあまり得意ではないんですが
そんなに酸っぱくなくて美味しかったです。
とろとろねばねばでした。

きりたんぽ鍋も1人前で注文可能とのことを確認済みだったので
最後にお鍋を。きりたんぽ鍋は品川のお店でもよく食べてるのですが
お店によって多少違いますよね。
具材のバリエーションは少なめかも…と思ったんですが大きな違いは
きりたんぽ。いつも食べるのはそんなにおなかいっぱいにならない
気がしてたんだけど、すごい食べごたえが!

店主さんいわく、市販のは薄いけど、うちでは手作りだから
崩れないようにごはんぎっしり詰めてるからね。とのことで。
食べても食べても減らない!
注文した後におかみさんが「シャリちょうだい!」って言ってたので
その場で作られたと思われます。きりたんぽかだまこの方か
両方かわからないけど。だまこもギュっとしてました。

美味しいお酒とボリュームあるお鍋でおなかいっぱいに。
食べてる間はカウンターにあるテレビで地元のニュース見ながら
店主さんと雑談したり。明日の予定がないんだけど市内で
おすすめありますか?と聞いてみたら、千秋公園がいいよ、お城もあるよと
教えていただきました。他にも羽生くんの話(ニュースやってたので)とか、
能代の桜の話とかしてきました。コミュ障なのにね!!

お店からホテルに戻る途中も川沿いの桜を楽しみました。
ホテルは大浴場付きだったのでのんびりお風呂に入って
お風呂上りにコーヒー牛乳飲んで満喫。
部屋でぬい撮影したりお茶飲んで地元のニュース見てまったり。
明日の朝も早いのでちょっと早めに就寝。

DSC_1238.JPG

DSC_1241.JPG

そして2日目へ…
http://rere-n.seesaa.net/article/450763454.html
posted by れれ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449277783